簡単に作る

フォトブックを使ってオリジナルのレシピ本を作りたいという人も比較的多くなっています。特に専業主婦の人や創作料理が好きという人の場合には、おすすめできる使い方だと言えるでしょう。もちろんフォトブックには他にもいろいろな使い方があります。旅行の思い出写真を残したいという人もいれば、子供の成長の記録を残したいという人もいるでしょう。

ネットワークプリントそんな中でも料理本は比較的人気のサービスなのです。
1からしっかりとレイアウトをして作成する方法もあるのですが、やはりネットワークプリントのサービスを利用するのがもっとも気軽になっています。
ネットワークプリントを利用すれば、自分はレイアウトの構想と写真だけ用意すればよくなります
写真は自分で全て撮ってくる必要があるのですが、レイアウトの構想は、ダウンロードしたソフトの中にサンプルがいくつかあります。

このサンプルを使って写真を記載したい場所に合わせるだけで完成できるレイアウトが組めるようなサービスもあるのです。あとはフォトブックのサイズですが、料理のレシピ本として用いるのであれば、A4サイズかA5サイズぐらいがおすすめできるでしょう。写真だけではなく、文章も書き足せるスペースを設けてあった方がより活用しやすくなります。


関連する記事

他の物を参考にする

ネットワークプリントのサービスを利用して、料理のレシピ本を作りたいと思ったけれど、どのような感じなのかイメージが全く湧かないという人もいるでしょう。そんなときには別の人が作成した作品や、サンプルなどを参考にしてみるのがよいでしょう。インターネット上にも実際にフォトブックを料理のレシピ本として使っている人のサイトがあります。

フォトブック作品を投稿しているサイトも存在しているので、初めてフォトブックを作るという人は、まずどのような感じになっているのかを知ることから始めてみるべきです。
これは料理のレシピ本としてフォトブックを活用する場合だけではありません。
子供の写真を保管したい、結婚式の写真を保管したい場合であっても同じことが言えるでしょう。
まずはどのような感じになるのかを知っておかないと、どのように作ればよいのか業者が困ってしまいます。

フォトブックを作成する場合には、基本的にレイアウトの構想は利用者が行うようになるのです。そのため、雰囲気がつかめていないとレイアウトを決めることすらできません。それからどのようにしてネットワークプリントのサービスを利用するのかを知ってからでも遅くはないでしょう。自分で作成したレイアウトを公開できるサイトもあるので、完成したら載せてみるのもよいでしょう。

フォトブックを活用

フォトブックの活用方法というのはとてもたくさんあります。通常は思い出の写真を保管しておくために用いることが多いのですが、それだけしか使用用途がないというわけではありません。では、どのような使用用途があるのかというと、料理のレシピとして活用する方法です。フォトブックというのは写真だけを保管するための本ではありません。文字を付け足すこともできるので、写真と文字を活用した料理本としても使用することが可能なのです。

スマートフォン最近はスマートフォンなどで料理の写真を撮る人が多くなっています。
撮った写真をインスタグラムに載せる人もいますし、口コミなどのサイトに記載するのに使うという人もいるでしょう。
ブログやSNSにアップする人もいるのですが、フォトブックを活用するのであれば、すでに完成している料理の写真だけを記載するのはもったいないでしょう。
もちろん料理の写真を撮るのが好きというのであれば、全く問題はありません。

料理のレシピとして残すのであれば、調理過程の写真が必要になってくるのです。調理過程の写真に加えて、調味料はどれぐらい使用するのかというメモや、火を通す時間のメモなどを付け加えておけば、料理本と殆ど変わらないフォトブックができあがります。
このような構成を決めておき、写真を用意すれば、あとはネットワークプリントの業者が行ってくれるでしょう。当サイトではフォトブックの活用法について紹介しているのですが、特に料理のレシピ本として用いる方法について記載しています。